日焼け止め塗り方のおすすめ方法|脱毛に必須知識

年々紫外線が強くなってきていて、比較的日本は湿気があるということもあり、日焼け止めは必要がなかったともいえるのですが、今では、紫外線が強くなりすぎて、日焼け止めはマストのものとなっち得ます。

 
そこで、日焼け止めの効果をアップさせるためにも、その塗り方のおすすめな方法をご紹介したいと思います。

1.下地としてグレープシードオイルを

日焼け止めを直に肌に塗るのも良いのですが、ダブルの日焼け止めを得るために、下地として、あるものをつけましょう。
それが、グレープシードオイルです。

 
グレープシードオイルには、紫外線を防ぐ効果がありますし、保湿効果が高いので、より日焼けをしにくくなるのです。
毛穴の広がりも抑えられて、今後の日焼け止め効果としてもぴったりなので、必ず日焼け止めの前にこれを塗るようにしましょう。

 
通常のオイルよりもさらっとしているので、違和感なくつけられます。

2.SPFの度数に関係なく2時間に1回つけ直す

日焼け止めには、ご存知の通り、SPFというものがありますが、これの意味が分かっている方は少ないのに、とりあえず高い数字のものを買っておこうと思ってしまいませんか。

 
通常の日差しであれば、SPF25~30でよいのですが、海などへ行く場合には45以上ないといけないなど、色々なことが言われていますが、どんなSPFの日焼け止めをつけるにしても、必ず2時間に1度は日焼け止めを付け直すようにしましょう。

 
通常、2時間以内に日焼け止め効果は失われてしまうので、付け直しを頻繁にすることで、その効果を持続することにつながります。

3.水分をしっかりと与え続けよう

例え、日焼け止めをきちんとつけていたとしても、日差しによって、どんどん肌から水分は失われて行ってしまいます。

 
ですので、水分を肌にしっかりと与え続けることで、日焼け止め効果もあります。
日焼け止めをしっかりと塗っているのにもかかわらず、なぜか日焼けしてしまったという方は、もしかしたら、肌が日差しによって乾燥したり、毛穴が開いてしまって、そうなった可能性があるので、日焼け止めを塗っていても、適度に化粧水やクリームなどを顔や体に頻?に塗るようにして、肌の湿度をキープしましょう。

 
そうすることで、日差しを肌に吸収しにくくしてくれます。

日焼け止めはただ塗るだけではなく、こんなことにこだわることで、あなたの日焼けもかなり防止できるので、早速やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です